スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第14回 ファシグラ研究会レポート

<<第14回ファシグラ研究会レポート>>

先日開催しました第14回ファシグラ研究会について、home`s vi学生インターン・生永がレポートします。
(開催日時:2014年4月19日(土) 10:00~17:30、場所:京都精華大学 黎明館L-001、参加者:21名)

今回は、『メンバー同志、お互いをわかり合おう~相互にインタビューし合いその内容をファシグラにしてみよう~』をテーマに掲げて、下記のプログラムで研究会を行いました。

<プログラム>
1.アイスブレイキング     
2.チェックイン  
3.インタビュー(ファシグラ作成)→ 他己紹介
4.メインワーク1 偶然のチームから最高の結果を!
 昼休み
 ファシグラ入門プチ講座
5.メインワーク2 一人を選んで夢をファシグラしながらプロデュース
6.振り返り
7.チェックアウト

概要について、以下にご紹介します。


【アイスブレイキング】
最初は全員で円で座る形でスタート。今日の流れの説明を受けた後、アイスブレイキングとしての宝探しゲーム。会場に隠された飴を探し、同じ種類の飴を見つけた6人1チームを3チームつくりました。

Blnfhd4CIAEsKC0.jpg


【チェックイン】
チーム内で、今感じていること、気になっていることを伝えます。

【インタビュー→他己紹介】
メンバー同志、どんな人なのか、お互いをわかり合うため、チーム内で2人1組になって相互にインタビューし合いその内容をファシグラしました。
①まず各自が、下記のこと(1・2・3)を、A4の紙1枚に書いてみる。(5分で作成)
1、 自分のニックネーム(今日呼んでもらいたい別名)
2、 自分の似顔絵
3、 次のうちどれか一つ(選択)① 未来に向かっての夢② マイプロジェクト (「もっとこうなったらいいのに」と感じていること等)

②チームに分かれて、メンバー(6人)の中の誰か(できるだけ初対面の人)とペアを組み、相互にインタビュー。(1人15分×2人=30分)
インタビューを受ける人は ニックネーム・似顔絵等を書いたA4の紙を 模造紙の左上に貼る。 インタビューをする人は、相手に次の質問をしながら 模造紙上にインタビューの内容(相手のこと)をファシグラでビジュアルに表していく。インタビュー項目は以下の3点。
<興味>自己効力感を感じながら、情熱をもって打ち込めることは何?
<達成>「うまく出来た!」と達成感を味わった経験のうち これまでで最も印象深かったのはどんなこと?
<挑戦> 今後、さらに挑戦していきたいことは何?
※インタビューを受ける人も模造紙上に補足等を付加 (協同でファシグラ作成)

③他己紹介(1人3~5分で簡潔に紹介)
インタビューした人が、インタビュー相手のことを作成したファシグラを使って 他のメンバーに紹介。(各自の体験や想い等をチーム全員で共有)

BljWOlGCUAAeYua.jpg BljWmOYCQAEeilB.jpg


④チーム名を決定
チーム名をメンバー全員で決めて A3の紙に書く。 (チームのシンボルマークも描く) メンバーのニックネームを付記して、掲示。 最後に、チーム名を付けた背景を、参加者全員に紹介してこのセッションを終わる。
各チーム、しっかりインタビューを楽しみながらお互いのことを知り、チーム名は「しゃぼん玉チーム」「こやしチーム」「情熱地域チーム」に決定しました。

BljYT7kCYAEGZU2.jpg


【メインワーク1 偶然のチームから最高の結果を!】30分
筒井先生より映画『七人の侍』の説明を受け、「偶然のチームから最高の結果を引き出すためには何が必要か?」を考え、必要な要素をファシグラで書きだしました。

BljZrNBCcAAXoSX.jpg Bljtfl2CUAEknRE.jpg


【ファシグラ入門プチ講座】30分
メインワーク2に入る前に、希望者にファシグラの基礎を伝える講座が開催されました。
・ファシグラの定義について
・空中戦から場を映し出す鏡としての、平和なファシグラ戦に
・プロッキーの使い方
・色づかい
・受け止め方 要約しつつもらさず
・強調 囲み 構造化について
・レイアウト リストとクラスター
・イラスト
・模造紙の貼り方 記録要目 日付、場所 テーマ 出席者
・質疑応答
・基礎スキルについて、youtube動画の紹介
紙芝居で説明があり、さらにオリジナル手製テキスト付!参加者のほとんどが希望者となり、講座終了後は次のワークで早速実践しようと楽しみになりました。

BlkCJgFCUAAcs7B.jpg BlkB93kCMAELXfJ.jpg


【メインワーク2 一人を選んで夢をファシグラしながらプロデュース】
 インタビューであった<挑戦>や、その人の活動をもとに、各チームで一人を決めて、その人の夢をチーム皆でプロデュースしました。
「しゃぼん玉チーム」は積極的になるにはどうすればいいのか?ということを、階段のイラストを使ってファシグラ。「こやしチーム」は仕事とプライベート、どちらも充実させるためにはどうするかを本人の似顔絵を中心に描きながら、話し合いました。「情熱地域チーム」は地元に帰って地域をサポートするために、10年後、3年後の未来を描き、今できることは何かをファシグラで書きだしました。

BlkQOPBCEAA2JvX.jpg BlkR-BVCAAA_iNL.jpg


【振り返り】
まずは個人でA3の紙に振り返りをファシグラで書き、次に2人1組になってペアで振り返りました。最後は中央で約8人(飛び入り歓迎!)が円になって対話で振り返り、それを8人同時にファシグラしました。
同時ファシグラは圧巻。対話後に書き上げた模造紙を見て回ります。同じ対話を聞いていても、要約の仕方などが異なりました。

BlkcJwhCUAAxroj.jpg Blkkb6lCQAEJm0F.jpg
BlkkU5SCAAA0XxL.jpg


【チェックアウト】
 ワークが終わって、今感じていること、気になっていることを共有します。色や模造紙の使い方といったファシグラのスキル、書き方の学習が中心ではなく、どんどん使っていく場であるという感想を持たれた方が多かったようです。


次回は9月13日(土)開催です。お楽しみに!

4月19日(土) 第14回ファシグラ研究会開催!

こんにちは!桜も見頃をむかえており、いよいよ春がやってきた気がします♪
このたびhomes'viでインターンとなりました浅井葉月が
初投稿として、ファシグラ研究会の開催お知らせをさせていただきます!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ご案内:4月19日第14回ファシグラ研究会開催

一期一会のチームから最高の結果をひきだす!
 ~分かり合うためにファシグラを使いたおそう~

いつもファシグラ研究会をご支援いただきまして、ありがとうございます。

私達ファシグラ研究会は
「創造的」、「オープン」、「自主自立」、「好奇心」、「多様性」、「出会い」、
そして「生成的な場づくり」を大切にしています。

今回は、ファシリテーション・グラフィックス(ファシグラ)をフルに活かした場で体感することで、参加者自身で最高の学びの体験をつくりだすことを狙っています。

「その日出会った縁ある方々と結成された出会いのチーム」が、
「参加者から提案された魅力的なテーマ」で対話(ダイアローグ)を行い、
そして、「場を写し出す鏡としてのファシグラ」が相互に反応しあうことをめざします。

申し込みいただける方は、以下のURLから申し込みをお願いします。
ふるってのご参加お待ちしてます。

http://my.formman.com/form/pc/hadQjNfuW38IK7I7/

日時:4月19日(土)10:00~17:30

場 所:京都精華大学 (教室名は申し込み者に後日案内いたします)
    キャンパスマップ
    http://www.kyoto-seika.ac.jp/about/map/

交通アクセス
    京都市営地下鉄烏丸線国際会館駅前バス停より
    京都精華大学往きの無料シャトルバスをご利用下さい
    叡山電鉄で約17分(9時30分 出町柳駅発)
     http://www.kyoto-seika.ac.jp/about/access/

参加費:社会人2000円、学生1000円

定 員: 30名

申し込み期限:4月16日(水)24時
ファシグラ経験の有無は問いませんので、どなたでも楽しくご参加頂けます。
★なおファシグラ初心者の方向けには、オプションで時間内に入門講座も用意します★
申し込みいただける方は、以下のURLから申し込みをお願いします。
ふるってのご参加お待ちしています。

☆おやつ差し入れ大歓迎☆

☆昼食のご案内
※当日は学食で昼食をとることができます。

☆研究会終了後に18時より大学の別の食堂(れあた)にて懇親会を行います。
御参加いただける方は、申し込みフォームの懇親会欄を参加と記入ください。

http://my.formman.com/form/pc/hadQjNfuW38IK7I7/

第13回 ファシグラ研究会 レポート!!!

<<第13回ファシグラ研究会レポート>>

先日開催しました第13回ファシグラ研究会についてレポートします。
(開催日時:2013年12月21日(土) 10:00~17:30、場所:京都精華大学 清風館C-101、参加者:28名)

今回は、『ファシグラの本を創ってみよう ~あなたの日常生活で活用できる秘訣を探る~』を
テーマに掲げて、下記のプログラムで研究会を行いました。

<プログラム>
1.チェックイン     
2.アイスブレイキング  
3.ファシグラ入門講座
4.ストーリーテリング
5.メインワーク (グループワーク)
①ファシグラをどんな場で、どんな風に使いたい?   
②そのための練習方法は?
6.発表
7.ギャラリーウォーク
8.振り返り
9.チェックアウト

概要について、以下にご紹介します。
(報告内容は、其々のパート毎に進行を担当したスタッフが分担して作成しました。)

10時 開会

【チェックイン】
3人一組になって、チェックイン今の気持ちのあと、今日一日の流れの説明し、アイスブレークへ移ります。

【アイスブレイク】
ラウンドアップ、二回おこなう。
最初は、バースデー順のサークルになり、誕生日と名前を言ってもらって一周したあと、3人ずつのグループをつくって、壁にはってある、A3の紙の前にプロッキーを一本持って、別れる。そこで、自分たちが生まれた季節のいいところを、書きながら、発散し、できるだけたくさん出してもらう。終わったあと、一番たくさん出したグループ(7月生まれ)から、なにがでたかを発表してもらいました。
もうひとつのラウンドアップは、最近あった話し合いの満足度を思い浮かべてもらって、それをネームタグのところに書いてもらって、低いひとから並んでもらう。これも、点数順に3人ずつのグループに分かれて、壁にはったA3の紙の前で、「どんなことがあったのか」「なぜ、その満足度だったのか」について、話し合ってもらい、最後に、要因について、1点に絞り込んでもらって(収束から決定のプロセス)A4の紙に書いて、前に貼りだして皆で共有しました。

【ファシグラ入門講座】
ファシリテーションの基本プロセス、共有→発散→収束→決定の説明を、今までのワークのチェックインとアイスブレークとからめて、説明する。ファシグラは、全体のプロセスに絡んでいるが、とくに、収束のところで威力発揮することも説明する。 そして、伝えるということの難しさを、「言ったことは忘れる」、「見たことは思い出す」、「やったことはわかる」、「発見したことは身につく」という流れで解説しました。
つぎにファシグラの実習へ。前で、模造紙のデモを見せながら、参加者は机の上の、A3の紙にプロッキーで練習してもらう。ペンの持ち方、色使い、下線、囲み、記号による強調、イラストの書き方、模造紙の使い方等の、基本を説明実習して、このパートは終了しました。


















【ストーリーテリング】
「ファシグラの本を創ってみよう」というテーマで、筒井教授によるストーリーテリングが行われ、その内容が、その場で同時進行にて、ファシグラにまとめられていきました。




【メインワーク】
・ワーク説明 : 
KP法により午後のワークの流れを説明しました。  ファシグラをどこで、どんなシーンで使いたいのか、を発表することが今回のゴールです。

・グループ分け  : 
ファシグラを使いたいシチュエーションを各自書いて、似たテーマ同志(5-7人/グループ)で4つのグループに分けました。 
(昼食  分かれたグループのメンバーで、学食で昼食。 ) 

・ワーク : 
各グループで必ず、ファシグラとファシリテーターを経験するというグランドルールのもと、ワークを行いました。 学食でそのまま話し込んでいるグループもありましたが、どのグループも熱心に議論が進んでいました。

・発表 : 
4つのグループからは、旅行のテーマ決め、ウニヒピリ(自分への語りかけ)、出前講義チーム、日記への活用とそれぞれ違った形での発表がありました。

・感想など : 
それぞれのグループが、限られた時間の中で取りまとめ、個性的な発表をしてもらいました。





















【ギャラリーウォーク】
会場の壁を埋め尽くした各チームのファシグラ(メインワークの成果物)について、皆でギャラリーウォークを行いました。
其々のチーム毎に説明担当者一人が付き、質問に応じてもらうようにしました。

【振り返り】





振り返りのねらい : 今日1日の経験を振り返ることにより、各自が「学び(気づき)」を得て、次の小さな1歩(行動)に繋げてもらうことをねらいとしました。

各人の内省を更に深め、今日の経験から得られた学びを行動にまで結びつけるためのワークを行いました。 (ワールドカフェ と ファシグラを融合させた進め方で展開)  
先ず、問い「今日1日の体験を振り返って、最も心を揺さぶられた瞬間はどんなときでしたか?」 について、各人で内省を行いました。
その後、チーム内で各自内省した内容をシェアし、テーマ探求(話を深める)を行いました。(ラウンド2回)  
次に、問い「①今日の経験を通じて得た私の学び(気づき)は何?」 「② 小さな次の1歩(行動)は何?」について考える個人ワークを行いました。
各自が私の「学び・行動」としてA4の紙にまとめたものを周囲の人達とシェアし、このパートは終わりました。




































【チェックアウト】

サークルに座って、ファシグラワーク全体について、簡単、少し難しい、かなり難しかったという各自の評価を、グー、チョキー、パーで、一斉に示してもらったあと、全体の感想を、少し発言を求め、シェアーを行いました。

17:40 閉会 
懇親会の案内をして、今回の第13回ファシグラ研究会を閉会としました。

今回もたくさんの方とファシグラについて楽しく学ぶことができました。次回もたくさんのみなさんとファシグラを学びたいと思っています。



<付録>
メインワークのときに各チームが作ったファシグラの一部を、以下にご紹介します。























theme : こんな事がありました!
genre : ブログ

第12回ファシグラ研究会レポート!!

こんにちは。ホームズビーの荒川です。
今やホームズビーの人気ワークショップとなったファシグラ研究会!いつもいつも、終ってからかなり時間が経ってからのファシグラレーポートですが、今日は、7月6日に京都精華大学で開催した第12回ファシグラ研究会についてレポートします!!1日ワークショップのレポートなので、ちょ〜っと、いやいやまあまあ長めですが全部読んでもらえると嬉しいです。
今回のプログラムはこのブログの最後につけておきますので良かったら見てくださいね。
945683_4412740736770_737657802_ミニ 945374_4412740016752_16283610_n.jpg


まずは、前半戦(チェックイン、アイスブレイキング、基礎講座)を見ていきましょう。
まずはチェックイン。ホテルにチェックインするようにファシグラ研究会にチェックインしてもいます。今回は、スタッフのSO〜さんの進行で、「今、気になっていること」「今、感じていること」を参加者もスタッフも1人1言でありのままに共有してもらいました。

チェックインの後はアイスブレイキング。アイスブレイキングといえば、みなさんご存知「アイスブレイク協会」のつっちーの進行で行いました。今回は「進化ジャンケン」を行いました。ジャンケンして勝ったら進化していくというゲームです。今回は、「ひよこ→カニ→ゴリラ→人間」の順に進化していきました。やっぱりアイスブレイク協会は堅いですね。盛り上がりました!! https://www.facebook.com/icebreaker.organization 

さあ、いよいよ本題に入っていきます。ファシグラミニ基礎講座です。ペンの使い方や配置の仕方等を引き続きつっちーから紹介してもらいました。今回は、第11回のファシグラ研究会で作ったミニムービーも使いました。参加者の皆さんもみているだけでなくもちろん書いてもらいます。

1013742_4412741696794_1220508442_nミニ

基礎を学んだところで中盤戦(インタビュー、グループワーク)、さっそく体験です!!
今回は、ファシグラ研究会スタッフの中山さんのインタビューをみんなでレコーディング(記録)するという形でファシグラを実践してみました。インタビュアーは、筒井先生です!!
中山さんがどんなことをしているのか?なぜグラフィックを始めたのか?などが話され、参加者の皆さんは一生懸命模造紙やA3用紙に書いていました^^インタビュー後は、それぞれ書いてみての感想や疑問について、全員で対話をおこないました。
1016698_4412748336960_394726332_nミニ 971117_4412748936975_733012270_nミニ


体験してみたあとは、いよいよ話し合いの場での実践です。今回は「日常でのファシグラの活用方法を考えて発表する(発表の方法は自由)」というテーマでグループに分かれて話し合いをしました。夫婦間でのコミュニケーションにファシグラを使ったり、お寺での相談の場でファシグラが活躍していたり、居酒屋でお客さん同士がコミュニケーションを取るためにファシグラを使うなんて案もでてきて、とても楽しい発表になりました。

長いようで短い1日も終盤(振り返り、チェックアウト)です。一日の振り返りをワールドカフェ、フィッシュボールで振り返りました。振り返りの締めは、それぞれの「学び」と「ファシグラを活用するための次のステップ」を書いて振り返りを締めました。
996814_4412757297184_312008829_nミニ

本当に最後の時間です。チェックアウトは精華大学の中庭の池にあるステージに集まり感じていることや、学んだことを共有して終了です。今回もたくさんの方とファシグラについて楽しく学ぶことができました。次回は、10月26日(土)です。次回もたくさんのみなさんとファシグラを学びたいと思っています。次回のファシグラもおたのしみに☆

☆★☆プログラム☆★☆
1.チェックイン     
2.アイスブレイキング  
3.ファシグラ基礎講座
4.インタビュー
5.グループ決め
6.グループワーク
  ファシグラを日常で生かすアイデア
  〜日常生活のこういう場面でファシグラがあったらどうだろうか〜
7.発表  
8.振り返り
9.チェックアウト

第12回ファシグラ研究会を開催します

今日は、みなさんからご好評をいただいているファシグラ研究会の開催のお知らせです。

ファシ犬テーマ:FとGが出会う時
〜ファシリテーションとグラフィックが普通に使われる世界を創る〜


 今回は、ファシグラの応用編をおこないます。しています。
 研究会の午前中には、ファシグラ基礎講座と最近メンバーになった中山純子さんのストーリーテリングがあります。中山さんは、NHKの大河ドラマを見ながらiPadでファシグラしたり、ノートを文字でなくイラストで書いたりとっても面白いことをしているんですよ^^
午後からは、「日常生活のこういう場面でファシグラがあったらどうだろうか」ということをチームで考えます。きっと普段でも使うことができるファシグラ活用法がたくさん見つかると思います。
 このように日常生活のワンシーンをグラフィック(G)化しながら、それをファシリテーション(F)の手法と結びつけていきます。折しもこの時期は、織り姫と彦星が出会う七夕の季節です。FとGが出会った時にはきっと何かが生まれることでしょう!
 また、毎回好評を博している日本アイスブレイク協会様のアイスブレイクも登場します。お楽しみに☆

※ここまでの情報で参加申し込みいただけるありがたい方は、以下からお申し込みください。
     https://reas2.code.ouj.ac.jp/reas/q/26058
※フェイスブックのイベントページはこちら
http://www.facebook.com/events/472827346133500/


開催日時 :2012年7月6日(土曜日)10時~17時
開催場所 :京都精華大学  黎明館 L-001号教室
      http://www.kyoto-seika.ac.jp/access/index.php

☆アクセス:京都市営地下鉄烏丸線国際会館駅前バス停より
京都精華大学往きの無料シャトルバスをご利用下さい

      叡山電鉄で約17分
      9時30分 出町柳駅発

参加費:社会人 2,000 円 学生 1,000 円
定員 : 30人
主催 : 場とつながりラボ home’s vi /ファシグラ研究会

☆おやつ差し入れ大歓迎☆

☆昼食のご案内
※当日は学食で昼食をとることができます。
☆研究会後に懇親会を予定しております。
懇親会は、大学の別の食堂(れあた)で開催しますので、その参加も受け付けています。

御参加いただける方は、申し込みフォームの懇親会欄を参加と入れて申し込みをしてください。
参加希望者は、以下からお申し込みください。
  https://reas2.code.ouj.ac.jp/reas/q/26058

1004570_480928241978055_1546007482_n.jpgファシリテーション・グラフィックス研究会は、 こんなあなたにオススメです。
 
 文字とイラストを使って会議をスキッと見える化できるファシリテーション・グラフィックス(略称:ファシグラ、FG)は、話し合いや議論する時に役立ちます。
 ファシグラの効用は、たくさんありますが、まず、互いに話していることが一目見てわかりやすくなります。お互いの頭の中で考えていることがわかるわけですから、議論がスムーズに進行します。また、それ以外にも様々な意見や情報を整理することができたり、参加者が知っておくべきポイントを全員で確認することができます。
 会社やNPOその他様々な団体での会議を初めとして、小さなサークルやプライベートな生活でも活用が出来ます。
 この研究会では、ファシグラの技術講習もしますが、それと同時に、社会生活を豊かにするために、ファシグラを活用していこうと考えています。
 2009年に始めて以来、三ヶ月に一回週末に開催していますが、既に10回以上開催しており、参加者総数は300名以上になっています。研究会の場で多くの方と互いのアイデアや意見を交換していきたいと思います。
☆ ファシグラとは ☆
ファシリテーショングラフィックの略で、ファシリテーション技法の一つです。
議論の内容を模造紙やホワイトボードにイラストなどを使って整理しながら、会議を進めていく手法がファシグラです。
☆ ファシグラ研究会とは ☆
自分たちで探求しながらファシグラについてスキルや理解を上げることを目的としている有志の研究会です。

 過去の様子が知りたい方は以下からどうぞ
第9回 http://omusubian.blog62.fc2.com/blog-entry-364.html
第10回 http://omusubian.blog62.fc2.com/blog-entry-390.html

参加希望者は、以下からお申し込みください。
  https://reas2.code.ouj.ac.jp/reas/q/26058
プロフィール

omusubian

Author:omusubian
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。