スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「市民の会議術 ミーティング・ファシリテーション入門」感想

インターンのみねおです。

いつの間にか5月に入ってしまいましたが、今日は先日まで読んでいた本「市民の会議術 ミーティング・ファシリテーション入門」(青木将幸著/ハンズオン!埼玉出版部)の感想をアップしたいと思います。

この本は多様な分野でファシリテーションを実践する青木将幸氏が、会議を進めるためのコツや、会議の体験談・失敗談・教訓などを、自身の経験から率直に書いたもので、「よい会議」にするためにファシリテーションのとるべき姿勢や心得、手法、道具などについて紹介されています。

本書は第5章まであり、第1章では会議をよくするための準備や役割分担等基本的なことについて、第2章では会議のタイプ別攻略法について、第3章では組織全体のコミュニケーションをよくする事例の紹介、第4章では立場や考え方、世代など様々な違いを超えて話し合う事例の紹介、第5章では筆者の失敗談やそこから得た教訓について書かれています。

この本の中では、筆者がこれまで実践してきたファシリテーションの手法や会議に必要な様々な道具についても紹介されていますが、序文で筆者が「重要なのは手法以上に「心がけ」ではないか」と述べているように、ここで紹介される事例やポイントには、どういう思いがあってその進め方を選んだのか、どういうことを意図してその点に注意すべきなのか、について詳しく書かれており、ファシリテーションの心得を基本から学べる一冊だと思います。

また、ここで紹介されている事例は18件もあり、それぞれ参加者や目的などのタイプが異なるものなので、多様な種類の事例を知ることができます。

これらの事例から感じたのは、会議を運営するには参加者の特性や参加者同士の関係性、会議の目的等をしっかりと理解した上でそれにあった進行の仕方をデザインすることが重要であるということで、それによって多様な会議の仕方があるということを改めて感じました。

これを踏まえて今後、参加者の特徴や会の目的に注目しながら現場を見ていきたいと思います。

http://www.amazon.co.jp/%E3%83%9F%E3%83%BC%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%86%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E5%85%A5%E9%96%80%E2%80%95%E5%B8%82%E6%B0%91%E3%81%AE%E4%BC%9A%E8%AD%B0%E8%A1%93-%E9%9D%92%E6%9C%A8%E5%B0%86%E5%B9%B8/dp/4990679113
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

omusubian

Author:omusubian
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。