スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続き小田理一郎氏 最前線ワークショップ2009報告

一日目は懇親会で盛り上がり、夜遅くまでいろんな話をしました。
たわいもない話や、真面目に語った話など
こういう時間は本当に有意義です。

mini_2936.jpg

2日目は朝からしっかりと朝食をいただき、9時から講座が始まりました。
時間をかけてチェックインをして、
昨日の「メンタルモデル」の部分を振り返り、
「個人マスタリー(自分はっどうありたいか)」の部分にはいっていきました。

「じっくり構えるだけで、自分を磨く努力を怠ったのでは、能力を高めることもできないし、
大志を失ったのでは、自分を磨く努力を継続できない」(諸葛亮孔明)

個人のビジョンと現在をしっかりと見据えることで、
次に向かう力が湧きあがってくる。
ここでもワークを行って、自分自身に今たりない力はなにかということを観ていきました。


「チーム学習」のフェーズでは、3つの障壁というものがとても印象に残りました。
・「どうせこうだ」「こうに違いない」といった過去の経験による判断
・「そのひとの問題だ」「私には関係ない」という無関心
・「そんなの無理だ」「私にはできない」というおそれ
これらがチーム学習する上でわき上がってくるコミュニケーションの障壁です。

ものすごく腑に落ちた気がしました。
とくに無関心をどうしていくか。
これらの解決法はそれぞれに
・オープンマインド「心を開く」
・オープンハート「温かく受け入れる」
・オープンウィル「意志」
これらを感じ、強く持つことが大切だということです。
なかなか難しいことではありますが、少しずつ前進していきたいですね。



「共有ビジョン」では私たちも学んできたAIについても触れられました。
どのようにしてチームでビジョンを構築するか。
そのプロセスについてみんなで考えていきました。
(深い内容なのですが、なかなか詳細にお伝えするのが難しくてごめんなさい)

本当にあっという間の2日間でした。
もっともっと参加者の方と深く学んでいたかったのですが、
より多くを求めてしまいますね・・・。
合宿で学べたこと自体が奇跡みたいなものです。

今後は現場に戻ってどう生かし、講座のときのようなチームを作っていけるか。だと思います。
お互いを高め合い、手助けをするそんなチームが理想です。
この講座で学んだこと、すべてを書きつづることはできません。
あまりに深く入り込んでいるために、言葉にするとどうも表面的になってしまいます。

10月27日に今回の「学習する組織を振り返る会」をおこないます。
少人数ですので、ぜひ興味のある方はお越しください。
mini_2950.jpg
みなさんと最後に撮りました。
一日目はこちら→http://omusubian.blog62.fc2.com/blog-entry-176.html
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

omusubian

Author:omusubian
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。