スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

降りていく生き方-関西で上映するぞMTG

IMG_0082.jpg

どうも、今夜は浴衣ナイトで明日はストーリーテリングで、
あさってから新潟にいくので、ソワソワしている萩原です。

昨晩「降りてゆく生き方」の上映をぜひ関西・京都でやろう。
という想いをもったひとがお結び庵に集まりました。

宮さんがおとついの東京でのプレ上映会の会議に参加してきて、
その報告と実際どのように動いていくかの会議をしました。

まず「降りてゆく生き方」というのは、(私も詳しく知りませんが)
脚本からキャスティングまですべてが映画の常識を覆す制作をしているとのことです。
まちづくりで有名な清水義晴氏がエグゼブティブプロデューサーに迎えられ、
その熱い想いが一心に詰まった作品です。
北海道のべてるの家(公式サイト)-精神障害を抱えた方の地域活動拠点がモデルになっているそうです。

「降りてゆく生き方」公式サイト⇒http://www.nippon-p.org/mov.html

コンセプト読破しました。
めちゃめちゃ長い。
長すぎて伝えたいことが伝わっていないのではないか。と思ったが、
そのわからなさが、考えさせるきっかけを生むひとつのしかけになっているのかもしれない。

一番共感(というかわかりやすかった)部分は
「人とのつながりを大切にして、自然と共生をする生き方と、相互に助け合う生き方をすればよい。」
「私たちが生きてゆく上で本当に大事なものが何かに気付き」
というところでした。
自分自身が今の生き方について考えるという映画だと思いました。

映画館で隣の人と話すことってそんなにないけど、
これは感想をシェアできたほうが、きっと楽しい。
1000人くらいの大勢でみるよりも30~50人くらいの小規模で
上映して、そのあとにみんなから感想を聞ける形式にしたいと思います。

映画をみて終わりではなく、そこからつながり、始まっていく映画。
ぜひとも京都で上映したいですね。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

omusubian

Author:omusubian
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。